S4使用構築 リザナットクレセサイクル

皆さんこんにちは。よーよーと申す者です。S4でもレート2000を達成できましたので、書きました(達成できなくても記事を書くとは思いますが)。

f:id:yoyopoke:20170718235105p:image

 

リザナットクレセっていう並びがORASの最終シーズンで使ってて強かったと思われる並びだったのでそれを軸に組みました。従って今の環境に適応できているかはわからないのですが、まあそこそこはやれたのではないでしょうか。どういう並びかというと鬼羽リザ+ナットレイクレセリアで受けサイクル(またかよ)をするという並びです。なんか鬼羽リザが流行って認知されてしまったので認知される前にやりたかったなーっていうのが心残りです。

パーティを組むに当たって最初はリザY偽装してやろうと思ったのですが断念しました。結局リザXの数が多いのでリザXしか警戒されませんでした。だからリザXがバレバレでも相性が良いポケモン達を投入して穴を埋めようと試みました。

 

それでは各個体の紹介(以下、常態)

 

リザードン@リザードナイトX

もうか ようき 252-0-4-0-0-252

メガ前 185-104-99-×-105-167

メガ後 185-150-132-×-105-167

ドラゴンクロー ニトロチャージ はねやすめ おにび

この構築の軸。対面性能とサイクル性能を両立できるメガシンカで、出し負けしにくい。大体初手に出してメガシンカする。ただし、ガブリアス以外の高速ドラゴンには勝てないので引く。ガブリアスに勝てるかは微妙であるが、このリザードンは「ステロを撒かれる前にステロ撒きに突っ張りXに進化すればシンカ前ほどは刺さらずに済む」というのがメリットであるので、ここで引いてステロを撒かれては正直意味がない。だがドラゴンZガブリアスが増え、ステロかドラゴンZかの2択を迫られ辛かった。技構成に関してはフレアドライブ地震を入れるのも強いとは思うが、この使い慣れた構成でないと役割対象や立ち回りに関して自分が混乱しそうなのでこの構成のままとした。よく鬼火は当ててくれた方だと思う。

 

ナットレイ@たべのこし

てつのトゲ なまいき 252-36-28-0-188-0

181-119-155-×-176-22

まもる ジャイロボール やどりぎのタネ タネマシンガン

この構築の要で過労死枠。調整は生意気ナットって調べて出てきたやつ(適当)。主に特殊水電気竜妖を受ける。ORASでは呑気でタネガンの枠がステロのものを使っていたが、今作で持たせたい役割は特殊受けであるので生意気に、またステロ撒いタターンに炎タイプでてくるのが微妙と感じたので草の役割遂行技にして連続技であるタネマシンガンに。これは正解だったと思う。挑発してくるレヒレやギャラドスに撃てるし、タネガンのおかげでみがわりスイクンに火傷を貰いながらも勝つことができた。タネガンのPPが多いのでみんな大好きPP合戦でも優位に立つことができる。カグヤのエアスラのPP枯らせば勝てるやん!(ガイジ)リザの鬼火と合わせれば物理受けも十分可能で、火傷した地面タイプにはクレセではなく裏に負担をかけやすいこいつを投げることが多かった。守る読み交代読み宿り木は上手い自信がある。今回のMVPと言えるだろう。

 

クレセリア@ゴツゴツメット

ふゆう ずぶとい 252-0-252-0-0-4

227-×-189-95-150-106

つきのひかり どくどく サイコキネシス れいとうビーム

物理受け。物理方面のみならず特殊方面も硬く、バシャーモボーマンダを受けられ、地面の一貫を切ることができる。替えは効かない。技構成は役割を果たすためにこれ。ORASではサイキネのところがスキスワのものを使っていたが、スキスワの刺さりがそこまで良くなく、バシャーモやゲンガーへの打点が欲しいと感じたのでサイキネ。バシャーモの剣舞炎Z耐えたりして本当に化け物だと感じた(褒め言葉)。鋼には例のごとく何もできない上、ミミッキュなどに起点にされるので注意が必要。みがはね竜舞マンダの羽休め読みどくどくは上手い自信がある。王冠のおかげでCとDの個体値をVにすることができたので良かった。よく毒を外した。

 

・ゲンガー@ゲンガナイト

のろわれボディ おくびょう 252-0-4-0-0-252

メガ前 167-×-81-150-95-178

メガ後 167-×-101-190-115-200

シャドーボール まもる ほろびのうた みがわり

めんどくさいポケモン(特にオニゴーリ)をひっ捕らえて潰す枠。ただバシャの分身バトンとかを見破れず選出できてなかったり、受けループにも結構難しい立ち回りを強いられたりしてあまり上手く動かせなかった。技と努力値がクソ適当なので改善の余地が十分にある。ただこのポケモンの守るは強いと感じた。技を改善するとなるとかなしばり、鬼火、たたりめ、ヘドロばくだん、ミラータイプと候補がありまくりで中々難しい。オニゴーリを処刑したときは本当にすっきりした。

 

メタモン@こだわりスカーフ

かわりもの なまいき 252-0-0-0-0-0

155-×-×-×-×-×

へんしん

リザードンで止まるはずの積みポケモンがステロ撒かれたら全く止まらないのでストッパーとして色々試し、最終的に入れた枠。最終日に土壇場で投入したので活躍は少なかったがカミツルギをしっかり止めるといった本来の役割に加え、相手の様々なポケモンに化けて翻弄したりと中々楽しかった。相手のメガゲンガーがこちらのクレセリアを祟り目で処理するとこちらのメタモンの祟り目の一貫ができるという状況を作り出すなど、面白い活躍の仕方をした。また様々なポケモンを使った気分になれ、色メガグロスかっけーとか、ミロカロスふつくしいとか思ってた。もっと選出したかったし、使いたかった。めざパ謎。岩が正解だと思います。

 

グライオン@どくどくだま

ポイズンヒール しんちょう 212-44-0-0-252-0

177-121-145-×-139-115

みがわり どくどく まもる じしん

リザナットクレセで見ることが難しいヒードランギルガルドを主に見る枠。話題の慎重グライオン。羽休めや挑発、ギロチンが欲しい場面もあったが、下からまもみがで毒殺するのもとても強かったのでこの技構成に落ち着いた。積極的にみがわりを狙っていくことがこのポケモンを使うコツだと思う。このポケモンだけで相手の三体を毒殺することも多かった。よく毒を当ててくれたが、交代際に出てきた火炎玉ミロカロスに外したときは頭を抱えた。

 

基本選出はリザナットクレセグライの内から3体でループ。受け回すだけでeasy win。ただこれだけでは無理だと感じたらゲンガーやメタモンを出す。つまりゲンガーやメタモンを出しているときは苦しいときである。

 

きついポケモン きつさが同じ類だと感じているポケモンはまとめてます。

ボーマンダ…クレセの冷ビとゴツメ二回耐えの竜舞おんがえしでクレセ確2奴。こいつだけはほんとに無理。

リザードン…XもYも見れるポケモンはいないし割とどっちも出てくるので選出択になりがち。見せ合いでガルーラといるとクレセリア(ガルーラ読み)かリザードン(リザY読み)かみたいになるのもきつかった。

バシャーモ…まあ普通にメガバトンするのはめんどくさいだけだが、分身バシャは許さない。正直めんどくさいしクレセリアもよく最初でサイキネ外すので、さっさと降参していた。

ゲンガー…グライオンで見るのが最安定だと思う。催眠で無限の勝ち筋を作られるが、ゲンガーに何もできないポケモンみたいなのはいないのでまあ運でなんとかする。

カプ・テテフナットレイが削れちゃうと厳しい。挑発無ければクレセでも勝てる。

ゲッコウガ…レート帯が下だとリザードンで出し勝てる型ばかりだったけど、上になると出し負けになる水Z型などのことが多くきつかった

めざ炎カプ・レヒレアシレーヌナットレイが役割破壊される。みんながナットレイ使うからこんなことになる。こんなクソ陰キャポケモンを使うな。

テッカグヤリザードンもどくどく入れられちゃうときついので自分はテッカグヤに有利だと勘違いしている精神異常ナットレイを繰り出す。みがわり貼られたらPP枯らす。Cに振ってないエアスラカグヤだったら頑張れば勝てる。こういうテッカグヤを使う人は当然こういう勝負をする覚悟があるのでしょう。

霊獣ボルトロスカミツルギウルガモスフェローチェ…Zとステロが無ければリザXで止まるはずだがZとステロのせいで止まらない。ただレボルトは毒入れて技読んでクルクル回せばなんとかなる方。メタモン出したい。

ガブリアス…初手リザードンと対面したらきつい。グライオン初手対面させてみがわり貼るのが正解なのかもしれない。

ヒードランシャンデラグライオンで見たいところだが速いめざ氷持ちがきつい。ただシャンデラ使いはナットレイの特性が貰い火であると思い込んでいるようなので、沼突っ張りして宿り木とかする。

グライオンエアームドヤミラミ…どうしようかなぁ。

オニゴーリ…滅べ。

サザンドラ…受からないけど、なぜか殺意の低い型が多くナットレイリザードンでなんとかなった。

ジャローダ…倒せはするけど、何か仕事はされる。ゲンガーでみがわりすれば余裕と思ったらスカーフ蛇睨みで震えた。

デンジュモク…どうやったら止まるんだろう、メタモン

まああとはそこそこなんとかなってたと思います。(忘れてるかも)

 

パーティがこの形になる前に2000には乗ったのですがその後溶かしてかなり苦戦し、1700-1800帯を抜け出せずくじけそうになりましたが最終的に2000に行けてよかったです。ここまで読んでくださりありがとうございました。

f:id:yoyopoke:20170719013301p:image

 

スカーフガマゲロゲ

先駆者はいました。

f:id:yoyopoke:20170606044816g:image

ガマゲロゲ@こだわりスカーフ

ちょすい ようき 0-252-0-0-4-252

180-147-95-×-96-138

じしん れいとうパンチ いわなだれ はたきおとす (けたぐり)

地震メガゲンガー確1 メガライボルトメガミミロップ抜き DL対策

ゲンガーを初手に誘って予想だにしないスカーフから奇襲しようということで。まずガマゲロゲ見たら「何やこのマイナー、ググったろ」って言って調べたら毒守型が出てくるはずなんで、スカーフなんて警戒されないってところです。

反省点

・そもそもゲンガーが初手に出てこないというかゲンガーがいない。

うーん流行ってると思ったんですけどね。なかなか見ませんでした。

・舐められすぎてむしろどの技撃てば良いかわからない。

想像以上の舐められっぷりでした。具体的には初手対面のヒードランにみがわりから入られました。グライオンは熱湯火傷を嫌って守るかなーと思ったら毒撃たれました。ちなみに冷凍パンチで倒せません。叩くべきでした。

・火力が無い。

メガゲンガー地震でギリギリ倒せる程度。

 

確かにスカーフは読まれなかったのでルカリオやゲンガーが居座ってくれました。

読まれない代わりにスペックは低いのは承知。でも地面技岩技氷技叩きを完備できるスカーフ地面なんてそうそう居ないのでは?

 

f:id:yoyopoke:20170606044850g:imagef:id:yoyopoke:20170606044829g:imagef:id:yoyopoke:20170606044842g:image 

う  ん  ち

ポケモンSMシングルレートS3使用構築 バナバンギカグヤサイクル

はじめまして。よーよーと申します。

皆さんの構築記事を読んでいて自分もポケモンについて語りたくなったので書いてみました。初めてなもので読みにくい記事だとは思いますが暇なときにでも読んでいただけると嬉しいです。今回使用したのは以下の様な構築です。

f:id:yoyopoke:20170516221544p:plain

ORASの頃から好きなポケモンであるフシギバナを活躍させたいということでフシギバナを軸にして受け気味のサイクルを回すパーティです。

バナバンギムドーって並びが強かったと思うのでじゃあバナバンギカグヤも強いだろっていう安易な考えからスタート。そしてバナバンギカグヤで辛いポケモンを補う感じで組みました。バナバンギカグヤって並びの入ったS2の上位構築記事を参考にさせていただきました。

それでは各個体の紹介

調整は大体ORASの使い回しでどっかのパクリですが(基本的に自分で調整を考えない)、ドリュウズだけORASからちょっといじりました。調整の詳細は自分でもあまり把握できていないです。(汗)


フシギバナ@フシギバナイト 

ようりょくそ ずぶとい 252-0-100-64-84-8
メガ前187-×-127-128-131-101
メガ後187-×-171-150-151-101
こうごうせい やどりぎのタネ めざめるパワー炎 ヘドロばくだん

軸。種族値・タイプ・特性・習得技といったあらゆる要素において極めてサイクル適性の高いメガポケモンORAS時代は控えめ粉バナでウェイやってたんですけど今の環境はこっちの方が使いやすいと思います。メガ後はダウンロードでCが上がりますが、メガ前ならAが上がります。主に水電気草や数値で受けられるポケモンに繰り出して宿り木やヘド爆で負荷をかけていきます。毒が効かないので受けポケとも宿り木やヘド爆の毒で殴りあえるし、宿り木があるのでタイプ相性的には不利な鋼や毒なども強引に見ることができるのが強いです。リザードンボーマンダへの交代を読んでヘド爆撃てると強いです。光合成のPP16にして欲しいです。


バンギラス@ラムのみ

すなおこし いじっぱり 204-60-0-0-244-0
201-178-130-×-151-81
ステルスロック おいうち ストーンエッジ ほえる

数値おばけ。サイクル(特にフシギバナ入り)をする上で真っ先に弊害となるメガゲンガーを対策する枠。更にリザY・ガモス・他超霊なども対策できます。なんかパクリ元はいじっぱりだけど慎重の方が良いんですかね?ラム持たせてるのでゲンガーは催眠を最低2回は撃たなければならないのでそこそこの確率では遂行できます。当てられても最速起きすれば結局遂行できますね。

リザY(気合玉以外)は見れますがリザXは怪しいので立ち回りでなんとかするしかないです。リザードンウルガモスにおいうちしてカバとかナットとか出てきた後にステロ撒いて殺すのはよくやりました。

役割対象が選出されていなくても持ち前の耐久で一発耐えてステロ撒いたりできるので腐りにくいです。ステロは積み構築でよく採用されますがサイクルパとも相性がよく、相手と同じようにサイクルを回していてもダメージレースで優位に立つことができます。

バナとの相性補完は良いのですが砂を撒いてしまうのでそこだけ注意です。バナバンギだけでサイクルすると砂による弊害が浮き彫りになりがちですがテッカグヤを絡められれば緩和されると思います。


テッカグヤ@たべのこし

ビーストブースト わんぱく 244-4-236-0-12-12
203-122-168-×-123-83
どくどく まもる やどりぎのタネ ヘビーボンバー

種族値鋼飛行。地面・ドラゴン・グロス・マンダ・テテフ・ミミッキュ・その他タイプ有利な奴や火力不足な奴をやどまもで受け、ポリ2などの耐久ポケモンに猛毒を入れます。みがはね竜舞マンダという陰キャを毒によって100割倒せるウェイポケモンです。放射を切った弊害としてカミツルギがゲロ重くなってます。でも毒の喜びを知っちゃったらもう戻れないですね。

ナットレイよろしく非常にうざいポケモンで、いつの間にか残飯と宿り木でモリモリ回復してることが多々あります。バンドリが誘うランドロスに非常に強いのが素晴らしいです。

ベビボン宿り木毒の撃ち分け方が結構重要なポケモンだと思ってます。HPに余裕がある場合は宿り木ではなくベビボンや毒を撃つことでサイクル崩壊を早められる場合があります。

あとはラス1で出てきた止まらない積みポケモンに対して毒や宿り木を入れて守るでターン稼ぎ、裏のポケモンを捨てることで再びテッカグヤでまもるというようにしてスリップダメージの蓄積によって倒すという戦い方もあります。


ドリュウズ@とつげきチョッキ

かたやぶり ようき 12-156-4-0-116-220
187-175-81-×-100-149
つのドリル スマートホーン じしん がんせきふうじ

運勝ちの化身。砂パ偽装ができますね。ORAS時代の奴のAを削ってSに回して準速ミミッキュ抜き。電気の一貫を切って有利対面からドリルを撃ちまくります。あとミミッキュの皮を無視して殺せます。参考元の方はドリルを極力撃たない立ち回りをしてたみたいですが自分はアホなのでむしろ積極的に撃ってました。だからこんな微妙な結果になってしまったんでしょうね。ドリルに頼らなくても勝てる構築が理想なのだと思います。

とにかくコケコにべらぼうに有利、ついでにジバコやテテフ(ボルトは格闘Zがある場合不利)に有利を取れ、遂行の遅い高耐久もドリルで殺せるのが強いです。ただドリルは本当に当たらないときは8回外します。

スマートホーンなのは別にサンムーン育成だからではなくてほんの出来心からです。これによりこの個体は一生アイヘが使えなくなりました。


化身ボルトロス@ゴツゴツメット

いたずらごころ ずぶとい 236-0-240-4-28-0
184-×-132-146-104-131
でんじは めざめるパワー氷 10まんボルト ちょうはつ

最終日に急遽採用された6世代の亡霊。マンダ・ルカリオついでにガルーラに強めで受けループを誤魔化せます。グライオン対策枠です。挑発で毒グライは完封できます。ギロチンは避けましょう。岩石封じ持ちと当たらなくて助かりました。また電気と氷の範囲で広い範囲に負担をかけることが可能です。

この枠はずっと迷走しててマンダとかラティとかゲンガーとか色々やったんですが多分これで良いと思います。実際ボルトはちょっとしか使ってないんですけどね。しっかり活躍しました。この変更により相手のバナはドリュウズのドリルか光合成のPP枯らすかでしか突破できなくなりました。まあフシギバナなんてポケモンみんな使わないと思います。(願望)


カプ・レヒレ@ミズZ

ミストメイカー ずぶとい 220-0-44-204-12-28
173-×-155-141-152-109
しぜんのいかり ちょうはつ ムーンフォース ハイドロポンプ

高耐久水・フェアリー。バシャーモヒードラン、悪タイプなどの対策です。ただバシャーモヒードランは自慢の草Z持ちとかで為すすべが無いときもしばしばありました。

HP管理が難しいポケモンですが、水フェアリーの範囲としぜんのいかりで相手を選ばず負担をかけることに長けていました。ミストメイカーや挑発も強力で、イーブイバトンみたいなのには本当に刺さりました。唯一無二の強さを持ったポケモンだと思いました。

 

基本的に相手の6体を見れるように選出します。それができないときは選出読みするしかないです。そんな選出の結果が大体バナバンギカグヤになるのでこれが基本選出と呼べるものと思います。並びとしては当初の予定通りには強かったです。この3体以外を自分はあまり信用していませんでした。きついポケモンがいたとき選出の基準とかは下の方で。

 

きつめなポケモン・並び

ミミッキュ…カグヤやドリュで。皮を剥がさずに毒と宿り木だけで倒すってのも割とアリです。バナにゴーストZ吐かせてしまえばカグヤまでは突破できないみたいなことが多いです。剣舞型も呪い型もこちらから一方的に倒すことが難しく、いずれかのポケモンを切らなければならないことが多いので、どのポケモンなら切っても良いかを慎重に考える必要があります。

リザードンバンギで。リザX読みのレヒレは失敗します。初手リザはバナで一回光合成しましょう。

ボーマンダ…型次第。両刀は辛いですが回復ソースが無いので上手く削っていけばなんとか。放射みがわり羽休めみたいな奴も辛いです。

カプ・テテフテッカグヤで受けますが10万があると辛いです。眼鏡は高火力でテッカグヤが過労死しがち。できればドリュウズバンギも絡めたいですができないこともしばしば。

・ゲンガー…バンギで。気合玉は避けます。みがわり貼られたらほえれば5割で勝てます。

メタグロス…大抵初手に来ます。雷P思念両採用はたいあり。コケコグロスなら思念無しと見てバナで突っ張ります。怯みとの戦いです。

・霊獣ボルトロス…積まれるとバナも突破されかねないのでできるだけ無償降臨されることを避けるのが大事です。

ギルガルド…剣舞されるとまず1体以上持っていかれるのできついです。

バシャーモ…レヒレで見たいところですが草Zで役割破壊されるとかなりきついです。一応バナで勝てないこともないです。分身バトンみたいな奴はマジ許せないです。

ヒードランバシャーモ同様です。みがわり残飯がきつすぎます

カミツルギ…バナのめざ炎しか無いのでバナのHP管理が大事です。

パルシェン…カグヤドリュは起点で破られると全抜きされかねないので、起点を作らせない立ち回りが大事です。とは言えバナバンギカグヤレヒレは1破なら攻撃を耐えます。印はやめてください。

クチート…2舞とかされたらやばいのでそうならないようにします。トリルターン稼ぎも大事です。

フシギバナ…ドリル。

ドリュウズ…ドリル避ける。

ルカリオ…ボルトで麻痺まきます。マンダにしてたときはマンダ選出強制された挙句来ないとかあってきつかったです。

ウルガモス…虫Zはレヒレじゃないと無理ですが、タイプ相性と裏腹にレヒレよりもバンギの方が安定します。

オニゴーリ…ドヤ顔スマホドリュウズ

ジバコイル…100割磁力だと思って選出・立ち回ります。

・ガルーラ…ゴツメボルトを入れたので緩和されたと思いますが、グロウ炎Pばっかりできつかったです。宿り木や毒で削りきってました。

グライオンボルトロスと対面するとギロチン撃ちたくなるみたいです。避ける。

・受けループ…ドリュボルトレヒレ辺りで風穴を開けます。ただゲンガー入りにはバンギ出します。

・みがわり瞑想スイクン…ボルト入れたからなんとかなりそうですが、ボルト入れる前まで無理でした。バナスイクン対面は初手は絶対宿り木撃つのでミラコには引っかかりません。これはジャローダもで初手めざ炎撃ちます。

テッカグヤ…エアスラみがわり宿り木は無理に近いです。

・突然の飛行Z…バナが相手のパーティにぶっ刺さってたら警戒します。そうでもないのに飛んできたら無理です。

あとはホルード・がむしゃらカエンジシメタモンモロバレルカビゴンデンジュモクポリゴンZバンギラスアローラガラガラ・撃ち落とすランド・重力ギミックとかですかね。思いつくままに挙げてみましたが多すぎですね。忘れてるやつもいるでしょうし。

まあこの構築の最大の弱点はかなり命中不安要素が多くて運負けしやすいところだと思います。

 

めっちゃ対戦したので書きたいこと多くてまだまだ書き足りないくらいです。長くなってしまいましたが読んでいただきありがとうございました。

f:id:yoyopoke:20170517003812p:image